日本語 | ENGLISH
取扱いブランド
「NITRO」 ナイトロとは起爆剤の意。 大型日本製ON-ROADマシンをメインとしたパーツ展開をし、その対象機種の傾向としては、空冷Z、カタナ、Ninjaといった1980年前後に生産されたいわゆる名車と呼ばれる分類に属した機種が中心となっている。
SCULPTUREは完全なるR.C.M専用のパーツです。R.C.Mのクオリティーをより追及して行った時、SCULPTUREはおのずと欠かすことのできない逸品となったのです。
サンクチュアリーのメカニック達が生み出したスペシャルパーツ。それは日夜、進化をとげ続ける強化部品であり、対策部品でもある。必要性を問われて生まれてきたパーツ達はすべて工場で油まみれになっているメカニック達のノウハウの結晶。造り上げ、取り付け、テストを繰り返す、トライ&エラーの中から本物の製品を見つけ送り出す。そんな現場で作業を繰り返し続けるメカニック達の出した答え、それが、サンクチュアリーメカ・ブランド。
OHLINS "E×M" PACKAGE(オーリンズ・エクスチェンジモード・パッケージ)は、OHLINS正立φ43フロントフォークに、NITRO RACING天吊りフェンダーKITとSANCTUARY MECHANIC BRANDキャリパーサポートKITをプラスして、足回りのトータルコーディネイトを実現するアップグレードパッケージです。

美しさへの探究心。卓越した技巧の表面処理。
塗装、メッキ、アルマイト処理する前には下地作りが大切で、皮膜コートする事を考慮し磨く必要があります。素材特性・型・鋳造・鍛造・機械加工(旋盤、フライス目)、溶接部分などを見極め、メッキやアルマイトが良い状態で載る様に研磨いたします。

イタリアOZレーシングの二輪ホイール専門チーム、OZ MOTOR BIKE S.R.Lの技術者達が試みる物。それこそは生っ粋のRACING COMPONENTです。
パーツ開発のテーマと想い

私たちがオリジナルパーツを造りだす上で常に心がけているテーマは二つあります。
一つは、まったく新しいカテゴリのパーツ、つまり「これまで存在していなかった新機能性の開発」。
もう一つは、すでに市場に発表されているカテゴリのパーツ。既存の製品の別バージョンを造るのではなく、「それらを上回る優れた性能・品質に改良されたものを生み出す」と言うこと。

このページのトップへ